« つかの間の休息 | トップページ | ヤマダモンゴル »

2006年4月22日

アンサンブルフェスティバル2006

ついにやってきました、アンサンブルフェスティバル2006当日。
練習不足は否めませんが、やるしかないですね。

まぁ、相変わらず手際が悪くて、リハはおしおしで、全然練習になりませんでしたが・・・
いまさらあがいてもどうにもならないのはわかってるから、本番は普通に鑑賞しました。
ビッグバンドはすごい!楽しそう!いつかはあそこに混じりたい!
できるものならソロもやってみたい!当分先の話だけど・・・

なんていってたら、あっという間に出番が。
本番前のリハは全体がおしおしだから逆にリハに十分時間がとれるってことなので、悪あがきしました。
今までもテストは付け焼刃でなんとか生き抜いてきたから、直前にはいつもわるあがきしてしまいます。

さて、ついに本番のときが。緊張しやすいので、直前までは結構心臓ばくばくでした。
冷静に考えれば別に誰が見に来てるわけでもないから気軽にやればいんじゃん?と吹っ切れたのでステージへ。
と思ったら、席が無い・・・ていうか、私たちのグループは撮影対象になってたから、並びの席が必要だったんだけど、リハのときに使ってた席にしらないおばさんが陣取ってて・・・
スタッフの方があわてていすと譜面台を用意してくれました。
奥さんが来てるから探そうと思ってたけど、おかげでそんな余裕はなくなりました。

さて、曲が始まったらあとは楽しむのみ。
普段の練習では微妙な緊張感で譜面に忠実にしか演奏できないけど、Septemberとルパンは自分が思うアーティキュレーションをつけて演奏しました。
ベンドが自在にできるようになればいいけど、まだまだ指を使うことで精一杯。
それでも十分楽しくできましたよ。
で、Someone to watch over meでは直前の練習しすぎがたたって途中で息が入らなくなってしまって、最後のほうはほとんど音がでてませんでした・・・
まぁなにはともあれ、無事に終了。

ではなく、インタビューが待ってます。
先生に連れられて、ロビーへ。
囚人札を持たされて撮影したあとは、撮影+インタビュー。
何言ったか覚えてないけど・・・まぁ無事に採用されればどこかにのると思うので、お暇な方はチェックしてみてください。

打ち上げするのかな~と思ったら、みんなそれぞれ友達と飲みに行くらしく、さっさと解散になりました。
ドライですな~。
というわけで、うちも奥さんと打ち上げに。つづく。

web見ると、そんなに記事のってないから、ひょっとしたらwebにはのらないかも。
社内報にはのるらしいけど。

|

« つかの間の休息 | トップページ | ヤマダモンゴル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22906/13482494

この記事へのトラックバック一覧です: アンサンブルフェスティバル2006:

« つかの間の休息 | トップページ | ヤマダモンゴル »