« ひもの屋→牛鉄 | トップページ | オムライス »

2007年5月27日

NHK技研公開2007

NHK技研公開2007に行って来ました。
今日も娘と一緒の行動です。
家から歩いて行ったけど、天気がよくてめちゃくちゃ暑かった・・・

Dsc01345

というわけで、結局25分くらい歩く羽目になったけど無事につきました。
ベビーカーは入り口で預かってもらいました。

まずはスーパーハイビジョンの単板撮像素子。
去年までは4kx2kの撮像素子を画像処理で8kx4kもどきにしてたから、高精細化が進んでますね。
でも、今年のスーパーハイビジョンのデモは、素材があきらかに悪い・・・
有馬記念のは、どうみても4kx2k以下(もしかしたら1080Pくらいかも)をアップコンしたような解像感の無さ。
それが結構な速度でパンするからますます解像感が無くなっていく・・・
スーパーハイビジョンが標準化されたみたいだけど、60Pはつらいのでは?というのが正直なところ。
60Pでも動きがつらい場合があるのに、画面解像度が上がるたびに動いたときの解像感の低下が目立ってしまう。
液晶が120Hzで動く時代になってるので、時間解像度もあげないと。

Dsc01347

で、今回の目玉の3Dテレビ。
確かに立体に見えるけど、立体に見える角度が20度しかないとのこと・・・
去年までは10度しかなかったらしい。
といっても、裏のシステムがスーパーハイビジョンだからできるらしい。
まぁあれだけレンズ使ってるわけだから、ある意味力技かも。

次にミリ波カメラ。
もうちょっと見えるのかな?と思ったら、ほとんどわからんよ、あれ・・・
一応カーテン越しにマネキンを撮影していたけど、画面は数秒おきにしか更新されないし、カメラの向きによってほとんど映ってない場合もあるし、まだデモするの早かったのでは・・・?

あと、高コントラストプロジェクター。
ほんとに、漆黒を作り出してました。すごい。
プロジェクターの電源を切ってんじゃないか、というくらい。
実際の画も、色の深みが格段に増していました。
これは一見の価値ありだったかも。

最後に22.1chをヘッドホンで体験するってのを聞きたかったんだけど、20分待ちにあきらめました・・・
この時点で娘はだいぶおつかれのご様子だったので・・・
最後に社食で竜田揚げ定食をいただきました。

他は去年もあったのが多かったかな。
相変わらず力技が多いっす・・・

番外編として、メタデータの説明をしている人が、どうしても新宿2丁目な感じにしか見えなかったです。

|

« ひもの屋→牛鉄 | トップページ | オムライス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22906/15225902

この記事へのトラックバック一覧です: NHK技研公開2007:

« ひもの屋→牛鉄 | トップページ | オムライス »