2008年12月24日

地球が静止した日

またしても完全に寝不足のまま見に行ったため、半分は意識が朦朧としてました。
そんなにドンパチやってくれなかったために、眠気覚ましポイントもなく、つらかった…

やっぱり、D先生のおっしゃるとおり、教授のセリフが印象的でした。
「人は危機に直面した時に初めて成長する。そのチャンスをうばわないでくれ。」

しかし、今は「喉元過ぎれば熱さ忘れる」という言葉がぴったりのような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日

少林少女

昨日の夜見てきました。
が、ちょっと期待外れ…
少林サッカーまでのあほ全開になれず、キレイにしようとしすぎたのが悪く、どっちつかずな感じになってしまっていたのが、個人的にだめでした。
少林サッカーを越えるのは難しいかな…
チャウ・シンチーも今後厳しいと思うけど、ドラゴンボールをどう実写化するのかは楽しみでもあります。

ついでにここ数日で見た映画を。

・Mr.&Mrs. Smith
あの夫婦喧嘩を見れただけでお腹いっぱい。
こういうの好き。

・アンフェア the movie
ドラマを中途半端にしか見てないから人間関係が微妙にわからん。
ドラマをちゃんと全部見た方が楽しめるだろうけど、雪平がかっこいいからとりあえずそれだけでもいい。

・日本沈没
ツッコミどころ満載過ぎてなんかもう見ててどうでもよくなった。
日本以外沈没くらいのほうが面白そう。

さて、機内では何をやってるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日

CLOVERFIELD

CLOVERFIELD、気になってたので見たかったんですが、アメリカでは4/22にもうDVDがでるということで、ホテルのPPVでもOn Demand配信されていたので、みてみました。
字幕なしでもわかるだろう、という憶測の元で。

予想通り、字幕なしでもなんとなく話はわかりました。
というか、話がほとんどないので映像だけでほとんど楽しめます。
最初のパーティーがちょっと長くていらっとしてると、あっという間の展開でよそ見してるとあっという間においていかれます。
で、あとでネタバレページをみてもほとんどわかりません(笑)。
そういうものなのです。

何はともあれ、この映像は新鮮です。
アトラクション型、というのも納得。
映画館で見たかったなぁ。
楽しみたい方はネタバレページなどを一切見ないで行くことをおすすめ。


ところでこれってほんとに続編あるの?無理じゃね?と思うんだけど。
あれの正体を描いていくのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日

Death Note the Last Name

全然見に行く暇が無くて、もう無理かな~と思ってたらまだやってました。
それもそのはず。大入りです。
人気あるんですね~。
というわけで、コマ劇場へ。
その前に金券ショップで前売り券買おうと思ったら、いつもいく店がビルごと無くなってたorz
時間が無いので映画館へ直行・・・
チケット売り場は行列・・・
開演ぎりぎりにようやく入れました。

原作は全部見てるから、本作でどう〆るのかがとっても楽しみでした。
途中まではほぼ原作どおり。
が、監禁開放後を大胆にアレンジしてDeath Note2章の大部分を省略しつつ、うまく最後まとめていました。ちょっと強引?
あ~そうなるのね~と一人にやりとしてました。
さすがにNは出せませんでしたね。残念。

さらに、スピンオフとして「L」が主人公バージョンも製作決定のようで。
Death Noteもまだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日

M:I-3

ユナイテッド93が見たかったんだけど、上映タイミングが悪いので、今回はM:I-3で。
ジャックスパロウよりイーサンハントです。トムさま~

オープニングからいきなり驚かせてくれます。
???となるけど、後からつながっていきます。
ということで、今回のストーリーは結構複雑に絡み合ってアクションだけでなくストーリーも楽しめます。

ていうか、相変わらず無茶しすぎ。面白いけど。
アクションシーンはむちゃくちゃやりすぎでほんとにすかっとできます。

ただ、最後のあたり、時間足りなかったんじゃ?という感じがします。
特にお得意の屋上から侵入するシーンからブツを入手するあたりとか。
もうちょっと時間長くしてもよかったんじゃないかな~と。

あと、ジュリア強すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日

ゲド戦記

見たい映画はこの時期次々に公開されるから、とりあえず貪欲に見ます。
今日はM:I-IIIとゲド戦記で悩むも、収容スペースの関係でまだ席に余裕があったゲド戦記にしました。

久しぶりのジブリ作品。ジブリラヴです。
久石譲もラヴです。
と思ったら、ゲド戦記って久石譲じゃなかったんだ・・・orz

それでなくても音楽にはひかれます。BGMって重要だと思いますね。
さて、話のほうは途中までいろいろとわからない部分が多いから理解というか消化するのが大変だけど、最後はお得意のパターンで強引に話を展開するけど、不思議と感動しちゃいます。
テーマがジブリ作品にしてはちょっと重いというかかなり深いのが話しをわかりにくくしてる原因か?
でも、ブレイブストーリー < ゲド戦記 というのは納得。

続きを読む "ゲド戦記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日

ブレイブストーリー

久しぶりに映画見てきました。
しかも会社帰りに。ようやく時間に余裕がでてきたよ。
ほんとは昨日の映画の日に行くつもりだったのにorz

さて、何を見るか決めてなかったから一番開演時間に近いものを。
それがブレイブストーリーでした。

話の内容がそんなにわかってなかったけど、かなり映画にするのは時間的に無理があった感じ。
なんか途中で「ゲームにしちゃえばいいのにな~♪」なんて主題歌にあわせて歌ってしまう始末。
原作を読みたくなるくらい、話が途中途中ですっとんでるから全体としていいたいことは伝わるけど、1つの映画としてはちょっと・・・

映像も、CG部分と手書きっぽいところの差が激しすぎ。
一番ひどいのはドラゴンが画面の奥から前面に向けて飛ぶシーン。
ただ、全体として絵はきれいでやわらかいタッチで書いてるから親しみがもてます。
それだけになおさら残念。

そして、動きが最近特に気になるのは完全に職業病。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日

DEATH NOTE

原作読んだからいいかな~と思ってたDEATH NOTE 前編見てきました。
どうも結構面白いらしいので。
確かに、原作の世界観を壊すことなく、オリジナルに沿いつつもアレンジを加えていて、確かに原作読んでても楽しめました。
ていうか、ジャンプで読んでたからすでに最初のほうは正直あまり記憶になかったり・・・
まぁ本作に出てたところはちゃんと覚えてました。

どうも、キラ vs Lで後編あわせて本作は終わりそうな感じだけど、すでに原作はああいった終わり方してるので、どう最後をまとめるのかが楽しみです。
まぁ、どのみち最終的な決着は見えてるので、どういったアレンジをしてくれるかが結構ポイントだったり。

前編のロケって、結構福岡・北九州で行われたんですね。
エンドロールに出ててびっくり。

続きを読む "DEATH NOTE"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード、ようやく見てきました。
原作見てないけど。

3時間超の中に無理やり詰め込んだ感じはしつつも、スピード感のある展開で時間の長さは感じさせませんでした。
宗教全然わかんないというか興味ないので、こういう解釈が問題になってること事態も理解できないんだけど、話自体は面白かったです。
謎解き好きだし、複雑に絡み合う人・組織もよく計算されてると思いました。
おそらく、原作読んでるともっと印象が違うんだろうけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日

V for Vendetta

映画の日だったので、V for Vendettaを見てきました。

内容は全く知らなくて、マトリックスのクリエイターが作ったってとこだけにひかれて見に行きました。
ので、アクションを見たかったのです。

が。
予想を反してサスペンス的なのりで話が展開していって、Wachowski兄弟を髣髴とさせるアクションはラストのみだったような気がします。
勝手な思い込みで見に行っちゃいけませんね・・・

話はナチスを髣髴とさせる恐怖政治がひかれた元アメリカ合衆国(現イギリス領)で、恐怖政治の支配から解放させるためにVが立ち上がる、といった感じでしょうか。
悪くないとは思うのですが、勝手な思い込みが先行して、見終わった後の満足度は正直いまいち。
話のつながりを理解するのに若干時間がかかるかな。
予備知識は必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)